こうすれば銀行がお金を貸してくれる

銀行は個人向けの融資として、住宅ローンのほかにカードローンにも力を入れています。銀行からお金を借りる場合は、申し込みのしやすさから、住宅ローンよりもカードローンの方が圧倒的に多いでしょう。

銀行でお金を借りる最大の魅力は、何と言っても金利が安くて、さらに総量規制の対象外なので、高額の借り入れもできることです。全体のイメージも、消費者金融に比べたら月とスッポンです。

その代わり、堅実経営の銀行の審査は厳しくて、じっくりとやるので時間がかかります。住宅ローンはまだ担保があるので、高額でも安心して貸してくれますが、カードローンは無担保なので貸し倒れの心配があるため、徹底的に審査をします。

審査は属性審査、信用情報審査、書類確認、在籍確認とあり、このうちのどれか一つでも問題があると、銀行の場合は情状酌量の余地なく落とされると考えていいでしょう。

したがって、銀行の審査には万全の注意を払って臨まないといけません。まず、属性審査を受けるための申し込み用紙の記入は正直に、漏れなく書くことです。さらに信用情報に問題があると、まず通りません。返済の延滞や多社からの借り入れなどの問題情報がある人は、情報が消えたことを確認してから申し込みします。書類確認と在籍確認は、普通のサラリーマンなら問題ありません。

審査は厳しいですが、運良く通過できたら、まとまったお金が安く借りられます。ただし借りて終わりでなく、そのあとは毎月ずっと返済が続きます。返済で苦しまないよう、借入額は必要最小限にしておくといいでしょう。

メニュー