専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦は家事を専業にしているので、収入はありません。家計が苦しいときの一時しのぎに借金を考えたとき、収入がないのに借りることができるのでしょうか。

消費者金融では、以前は専業主婦にも「配偶者貸付」として貸してくれましたが、今は大抵のところは「契約者に安定した収入があること」という条件を付けているので、まず貸してくれません。

それでも、専業主婦でも借りられるところはいくつかあります。

1.銀行
専業主婦でも借りられるカードローンがあります。ただし専業主婦の場合借入枠は小額に限定してあり、金利は高めです。必要書類は銀行によって違い、ネット銀行の方が緩めです。一番厳しいところでは、配偶者の同意書、夫との婚姻関係を証明する書類つまり住民票または戸籍妙本、配偶者の収入証明が必要になります。

2.信販会社
クレジットカードを持っていれば、キャッシング枠の範囲内でキャッシングができます。利用限度額は普通50万円程度で、金利は消費者金融と同程度に高いのが難点です。

3.保険会社
保険会社(かんぽ生命など)の契約者貸付けです。専業主婦が保険契約者になっていれば、解約返戻金を担保に貸してくれます。金利はかなり安いです。審査はないので、即日で融資を受けることができます。掛け捨て式の保険では借り入れできません。

4.質屋
担保として質草が必要です。金利がかなり高いのが難点ですが、身分証明書と質草だけで貸してくれます。職業は詮索されないので、専業主婦でも貸してくれます。

以上の中から、自分のそのときの状況に合った方法を選ぶといいでしょう。

メニュー